HOME>イチオシ情報>予防接種や検査での病気の早期発見に取り組んでいる

インフルエンザの予防接種を実施

受付

冬になると都筑区の内科クリニックでは、地域の人向けのインフルエンザの予防接種を実施します。後期高齢者の方は、通常よりも安い医療負担で予防接種を受けることができるので、予防の観点からも積極的に接種を受けることが好ましいです。予防接種については予約の必要がないため、都合の良いときに内科のクリニックに足を運び、インフルエンザの予防接種をしたい旨を受付で伝えます。特に冬場はインフルエンザの予防接種の希望者が多いことから、順番待ちに時間がかかることを想定しておく必要があります。子供の場合、一回の摂取では効果が出ないので、通常はインフルエンザの予防接種を二回受ける必要があります。日を開けて予防接種を受けるようにします。

地域に根ざした医療活動

待合室

都筑区という地域に根ざし、医療活動を行ってきた実績のある病院です。町医者として地元の人からも頼りにされていて、体の不調を感じたら、すぐに病院にかかることができます。今では血液検査である程度の事がわかってしまうので、原因不明の体調不良のときには、まずは検査から実施し病気を突き止めます。ちょっとした体調の変化であっても、内科の医師に相談することができるので安心できるのです。

大病院との連携で病気の早期発見

病院外観

町医者と大病院との連携はとても大切です。検査で異常が発見したら、提携先の大病院で精密検査を受けることを推奨しているのが、都筑区の内科クリニックです。検査で少しでも異常が見られたら、より詳しく調べるには大病院での検査のほうが確実性が高いとされています。そこで、内科医が大病院へ紹介状を作成するので、それを持参して検査を受けることができます。病気は早期発見が治療につながるので看過できません。